永久脱毛の意味合い

永久脱毛の意味合いってその名の通りなのでしょうか?永久に脱毛できる!ってこと?と思いがちですが、本当にそうなのか?調べてみました。永久脱毛とは、脱毛して一ヶ月が経過した時点で、生えている毛の再生率が20%以下にとどまっている状態のことをいうそうです。レーザー脱毛とは、毛根にレーザーを照射して、毛根部分に反応させて熱処理をする脱毛法です。エステで行うレーザー脱毛と医療機関で行うレーザー脱毛とは全く別物と思ってよいでしょう。なぜならレーザーの強さに違いがあり、医療機関では医療行為なのでアフターフォローや痛み対策などもしっかりできるからです。一般的にレーザー脱毛と針(電気)脱毛などは痛みを伴います。針脱毛は毛穴に針を差し込んで電気を通して、ムダ毛を処理する方法です。これはかなりの痛みがあり、一本一本の施術になるので長時間の苦痛が伴います。光脱毛は、短時間で広範囲の施術が可能で、痛みも強くないというのが特徴です。レーザー脱毛は1996年より始まって、本当に毛一本も生えてこないのかといったら、それはまだ分らないというのが現状のようです。元々はあざやほくろの治療で、レーザーを照射したところ毛も生えてこなくなったという事例から端を発したようです。レーザーの照射の出力を調整したり、方法を改良したりしながら現在へと繋がっているのですね。痛みという点から、現在では光治療というのがエステサロンの脱毛方法では一般的になっているようです。

Comments are closed.