主要な脱毛方法

無駄毛処理のやり方にもいろいろよりますが、その中に脱毛という方法があります。その脱毛にもまた、いくつかの方法があります。ここではその脱毛方法について説明します。大まかに3つの事があります。一つは針を利用するもの、次に光を利用するもの、もうひとつがワックスを利用するものです。針を利用するものには電気脱毛、ニードル脱毛、絶縁針脱毛があり、細い針を毛穴の中に一つずつ入れ、差し込んだ針に弱い電気、もしくは高い周波の電気を流すことで毛根部を消滅させ、以後、毛が生える仕組みを邪魔するという方法で脱毛を行います。このうち絶縁針脱毛は医療機関のみで行われています。永久性の高い治療ですが、施術時に痛みを伴うという欠点もあります。光を利用するものには光脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛、医療レーザー脱毛があり、どれも光を毛根部に当てることで毛包自体を焼く事で発毛を抑制する方法です。違いは利用する光の種類で、医療レーザー脱毛のみ医療機関だけで行われています。施術時の痛みはさほどありませんが、完了までに期間を開けながら何度か繰り返し行う必要があるため時間がかかります。もうひとつはミツロウ・パラフィンのような融点が低い固形油で出来た脱毛専用のワックスを利用し、毛根からムダ毛を一気に抜きとるというワックス脱毛です。エステサロンの他自分でも行うことが出来ます。一時的な方法であり、2~3週間くらいでムダ毛が再生してしまいますが、安価で手軽に行えます。

Comments are closed.